退居トラブルを避けよう!入居時からの心がけが大切

23 11月

退居のときに起こるトラブルとは

賃貸生活を続けてきて引越しが必要になると退居手続きをすることになります。その際にしばしばトラブルになるのが原状回復の義務の不履行です。賃貸物件を借りた人は退居の際に元通りにして返さなければなりませんが、それが十分に行えていないと判断されて費用を請求される場合がしばしばあります。その内容に納得できずにトラブルになるのは珍しいことではないため、トラブルが起こってしまわないように予防線を張っておくのが大切です。

入居時の打ち合わせが大切

賃貸物件からの退居でトラブルにならないためには入居時の打ち合わせが大切です。原状回復の範囲についてできるだけ明確に契約書に記載してもらいましょう。具体性をもって記載されているに越したことはありません。どの修繕費について貸主と借主の負担が何%になり、何が見つかったときには借主の責任となって負担の比率がどのように変わるかを明記してもらっておくと安心です。特に経年劣化として認められる範囲を明確に記載してもらいましょう。

入居前の状態を記録するのも必須

原状回復をするときには原則として入居時の物件の状態に戻さなければなりません。そのために必要なのが記録であり、入居してしまう前に写真で記録を残しておきましょう。画像加工技術が発達しているため、虚偽の写真を証拠にしていると指摘されてしまうリスクは否定できません。そのため、管理会社やオーナーに写真撮影の立会をしてもらい、その記録を互いに保管するのが確実です。このようにして入居前の状態を残しておくと原状回復のトラブルが回避できるでしょう。

札幌市東区の賃貸の契約をするメリットとして、経営者や高所得者などにおすすめの立地の物件が多いことがあります。