理想の家づくりを実現する注文住宅について

22 2月

注文住宅で理想は叶う?

オーダーメイドによる家づくりを行えるのが注文住宅です。もちろん量産される建売住宅と比べれば費用がかかるイメージですが、近年ではローコストによる注文住宅が人気を集めています。様々なコスト削減を行うことで、セミオーダーメイドというスタイルを取った注文住宅を実現しているわけです。そのポイントは、使用する材料を限定させているところにあります。そのような制約の中で、理想の家づくりをどう行うのかが課題にもなってきます。

ローコストによる注文住宅の活用方法とは?

ローコスト住宅の特徴は、使用する材料を規格化して大量生産しているところにあります。これまでは大工が現場で木を切り、加工して組み上げていたものです。それが、最初から用意されている材料を組み立てるように施工するので簡単に建てることができるのです。この点でまずは人件費を大きく削減しているのです。けれども、使う建材を制限されることでこだわりの家を作ることができるのかという疑問が生じるものです。実際には目に見えない部分に使用するので、問題は無いものです。

注文住宅の設計について

ローコストによる注文住宅の特徴は、設計にも現れています。まず規格化された材料を使用することを前提としているので、完全なオーダーメイドとはならないものです。部屋の広さなどは細かく変えることができませんが、その分設計の手間を省くことで費用も抑えることにつながっています。そしてその広さも、最も使い勝手の良いサイズが研究されて導き出されたものなので、住み心地は良いものとなるわけです。この点については任せた方が、住みやすい間取りにすることができます。

注文住宅とは、建築する人が設計の段階から設計士や施工業者と話し合い、意見を言い建築した家を言います。